Tips

 

無色透明な待ち人さん -「バスタブから世界へ」より
まだ何色にも染まっていない状態のこと。
プロパガンダー -「プロパガンダイバー」より
プロパガンダ + ダイバー。情報戦、心理戦の海を泳ぐ者。
ヘイトスピーチ -「プロパガンダイバー」より
憎悪と敵意に満ちた言論。
ニットピッキング -「プロパガンダイバー」より
粗探し。重箱の隅をつつく。
ブレインウォッシング -「プロパガンダイバー」より
洗脳。
ナショナリズム -「プロパガンダイバー」より
民族主義。自らの一体性という意識に基づいて発展と独立を目指す思想。
ブガッティ -「橋の下のブガッティ」より
自動車ブランド。
イーゼル -「橋の下のブガッティ」より
画架。画家がカンバスなどを固定する際に用いる。
レンブラント -「橋の下のブガッティ」より
イーゼルの最高級ブランド。
ディープダイバー -「戯画」より
潜水士。
麻糸で綴じた未来を解く魔法を唱えよう -「戯画」より
未来は麻糸で閉じた本のように書き記されたものではない。
だいだらぼっち -「戯画」より
日本各地で伝承される巨人。
インメルマンターン -「戯画」より
飛行機の操縦で、水平状態から操縦桿を引き、ループ半分で機体を水平に戻し、針路を180度転換する。
ペイトリオット -「戯画」より
パトリオット。愛国者。
南蛮人と紅毛人 -「1889」より
南蛮人は、ポルトガル人・スペイン人。紅毛人は、オランダ人の呼称。(江戸時代)
カトリックとプロテスタント -「1889」より
キリスト教宗派の教派。
外患誘致 -「1889」より
外国と組んで国家を攻撃・転覆させようとする行為。
インソムニア -「1889」より
不眠症。
コンサート・オブ・ヨーロッパ -「1889」より
欧州協調。
はじまりばかりを紐解き今生の謎を投げ出し -「箱の中の学者は言う」より
人は何故生まれてきたのかという命題に没頭するあまり、今を生きることを放棄すること。
ハイヤーセルフ -「惑星日誌」より
現在よりも高次の自分。
終わりのない再生の宴 -「惑星日誌」より
輪廻転生。
ニューエイジ -「惑星日誌」より
新しい時代。新しい世界。新しい思想。
トリコロールみたいできれいね -「トリコロール」より
赤はわたし。青はあなた。白はふたりによく似てる。
あなたの目の前に宇宙規模のキッチンがほら -「ワールド・キッチン」より
食材も調理用具もすべて揃ったキッチンで好きなものを作りましょう。
日曜画家 -「白紙」より
趣味で絵を描く人。
瞳に住み着いた黒い悪魔を見つけられないのかな -「白紙」より
自分のことは自分が一番よくわかっていない。わかっている振りをする方が楽だから。
音楽が鳴り終わったら 灯りを消してくれ -「白紙」より
アドルフ・ヒトラーの辞世の句。
水脈 -「ロストガーデンでの告白」より
みお。すいみゃく。水流。
魑魅魍魎 -「反芻と孵化」より
人に害を与える化物の総称。
揺籃期 -「反芻と孵化」より
幼年期。物事の発展する初期段階。
御者 -「メリバの国」より
馬を操り、馬車を走らせる人。
メリーバッドエンド -「メリバの国」より
客観的にはバッドエンドのように思えるものの、当事者たちには幸せな結末。
おいでませ -「思想犯」より
山口県の方言。いらっしゃいませ。
涅槃 -「アカシャ年代記」より
一切の煩悩から解脱した、不生不滅の高い境地。ニルヴァーナ。
ケプラー、ガリレイ、コペルニクス
プランク、ノイマン、シュレディンガー
トレミー、ハッブル、アインシュタイン -「天文部室」より
天文学者、物理学者たちの名前。
パラダイムシフト -「天文部室」より
これまで当然だと思われていた事実が、根本から劇的に変わること。
とこしなえ -「天文部室」より
いつまでも続くこと。永久。
エコノミスト -「Mr.Hippopotamusの煩憂」より
経済学者。倹約家。
自己顕示欲 -「Mr.Hippopotamusの煩憂」より
自己の存在を多くの人の中でことさらにアピールしたいという欲求。
Morphine -「塔の上のポベートール」より
モルヒネ。
オールドミス -「エリック・ロメールに捧ぐ」より
適齢期を過ぎても未婚でいる女性。(死語)
パンニング -「エリック・ロメールに捧ぐ」より
カメラの位置を変えず、カメラの向きを左右に振り広い場面を写すこと。
エリック・ロメール -「エリック・ロメールに捧ぐ」より
フランスの映画監督。代表作「四季の物語」。
準雲肌麻紙 -「準雲肌麻紙」より
じゅんくもはだまし。日本画の麻紙。
艮の門 -「準雲肌麻紙」より
鬼門。
懸針垂露 -「準雲肌麻紙」より
書法のひとつ。
ゲイルズバーグの春を愛す -「ヨーロッパ育ちの恋人」より
ジャックフィニィ・著。世にも奇妙な短編集。
メメント・モリ -「春、プールサイドの気象予報士」より
ラテン語で「自分が必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。
カエルくんは東京を救った -「frog」より
村上春樹・著「神の子どもたちはみな踊る」より「かえるくん、東京を救う」。
アイデンティティー -「cocoon」より
主体性。自己同一性。
プロムナード -「臨海副都心」より
遊歩道。
ドラムメジャー -「サイレンに微睡む」より
マーチングバンドの指揮者の呼称。
シアトリカル・ロック -「Motel Life」より
ドラマ性のある大仰なロック。
電脳 -「Crawlers」より
コンピュータ。
聖痕現象 -「すべては視点で変わる」より
スティグマータ。処刑されたキリストの傷と同じ場所から出血する謎の現象。
揚棄 -「すべては視点で変わる」より
止揚。アウフヘーベン。ヘーゲルの弁証法。
成層圏 -「Cosmic Laundry」より
対流圏と中間圏の間に位置する層。
a.k.a -「Cosmic Laundry」より
「also known as」の略。「またの名を」「別名」。
真秀場 -「Cosmic Laundry」より
素晴らしい場所・理想郷。
四阿 -「Cosmic Laundry」より
壁がなく柱だけの小屋。庭園などの休憩所。
喧しい -「Cosmic Laundry」より
かまびすしい。やかましい。騒がしい。
インディゴ -「Cosmic Laundry」より
藍色。
滔滔たる -「Cosmic Laundry」より
水が勢いよく,また豊かに流れるさま。